2007年02月18日

パタニ海事

021707 072628.jpg

高レベル軍人が集う東南アジアの街パタニ。
私が初めてこの街をきたときから、この高台からの風景が好きでした。

下の広場でPTが組まれ、いっせいに出港所へ駆け出していく。
この街の活気を一望できる場所なのです。



週報レベルまで更新頻度が落ちましたが、割と書くことがなくて・・・ってな理由が多いかな。
ちょっと期間が長いのでダイジェストで!




ラ・ロワイヤルに乗るザマスっ!
posted by ハイスロットル at 20:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 大航海時代Online | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

オリジナルシップビルド

しばらく無気力期間に入っていたハイスロです。
INしない日も増え、INしても、

「こんばんわ^^」

「またねー」

「オヤスミー」

しか言わない日々だったり・・・。



しかしながら、Chapter3『Spice Islands』の発表によりちこっとレベリングを再開する事にしました。
一応目標としては、Cp3導入までに戦闘レベル62ですかねぃ・・・いぁいぁ期間的には容易い目標なのですが、最近の状況を考えるとね・・・。
ということで、特に書くようなことはないのですが、Cp3に導入されるという新造船システムについてまとめてみようと思います。






オリジナルシップビルドってなんぞ?
posted by ハイスロットル at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 大航海時代Online | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

ド・グラモン三度

エルテ>そういえば^^;
エルテ>「みたびグラモン!」が・・・




集合写真を撮り忘れたのです(´・ω・`)



今回はエルテ嬢とカルさんの限定解除。
参加者は結構多くなり、

エルテ
カル=ス
ロベルト本郷
ハイレディース
dorafan

ハイスロットル
チャウチャウ
ikugorou
エターナス
ウィッシュ

MAXI

と総勢11名!!
(参加キャラ名、敬称略)





今回も・・・多くの血が流れたのです(´;ェ;`)
posted by ハイスロットル at 07:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 大航海時代Online | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

わがままな会長

また暫くサボttいるうちに、Seesaaのレイアウトが変更されたようですね。
つか、自宅でも実家でもログインせずに管理画面にアクセスできたのですが、どういうことでしょうか?
(※正しくはログインしっぱなしになってた)
それって誰でも弄れちゃうんじゃ・・・。
あまりにも怖いので中々朝起きれません(イイワケ。





髪の色は何色ですか?
posted by ハイスロットル at 16:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 大航海時代Online | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

原価を語るなということ

幼少の頃、父に秋葉原に連れていかれたときのこと。
当時ほとんどの家庭に存在しなかった『パソコン』(最近はPCと言いますが、昔の呼称で統一します)が我が家にやってきたのは、私がまだ小学生だった頃。
「ゲーム機を買わない代わりにパソコンを買ってやる」と言われたのですが、当時は途方にくれたものです。
父は当時のパソコンのうたい文句、「何でもできる箱」を妄信していて、ゲームなんぞ私が自分で作れるだろーと思っていたようです。ムリだって。

で、パソコンが我が家にやってくれば、それに伴い買い集めるものもあります。
当時は秋葉原以外でPC関連商品を購入するとトンでもない金がかかったものでした。
あの、「マルイ」ブランドがフロッピーを出していたって知っていますか?3.5インチフロッピー一枚で千円もしたんですよ。



さて、そんなこんなでパソコン用品といえば秋葉原、だったわけです。
そのときとても印象深かったのが、

「値段交渉」

ですね。
万単位でる商品は、絶対に即決しない父でした。
しばらく通ううちに価格協定をしているという話を聞き値切らなくなりましたが、その当時は秋葉原の主だったPCショップを回り価格を全てメモり、その最低価格を持って信頼できそうな大きな店で価格交渉をするということをしてました。
ちなみに価格協定の話ですが、一時期の秋葉原はホント百円単位までまったく同じ金額で出している店が並んでいる時期がありました。
この話を聞いてから自分で行くようになるまで間があったので、いつ変わったのか分かりませんが。

この値段交渉、店がどこまで下げられるか見極めるのが重要です。
今から考えると父はかなり微妙な交渉をしていましたね。最低価格からどこまで下げられるのか。
まぁ価格自体を下げるのはあまりムリをせず、「コレ買うからアレも付けてくれ」という交渉方法を好む人でしたけどね。



相当関係ない話が長くなりましたが、この価格交渉がdolにも普通に行われていた時期があったと認識しています。
それは街の中でも放置30分で強制ログアウトになっていた時代。
あの頃はバザーがでていても、大抵中の人はいましたから。

いつもにぎわっているリスボン銀行前。
昨日東南アジアから戻った私が目にしたのは、とても閑散とした風景でした。
実は私が帰りつく3〜40分前に「緊急メンテナンス」とやらが入ったのです。
いかに放置バザーが多いか・・・これじゃ交渉のしようもないですよね(^^;;

でもいくら交渉する人が少なくなったからと言って、まったくいなくなったワケではないのです。
一度だけありましたね、造船価格を告げた時に「で、その金額だとそちらの儲けはいくらになるの?」って。
「気に入らないのなら他所を当たってください」と告げて、造りませんでしたが。
まぁこのときは最近みたいな原価造船ではなかったので、少し載せていましたがね。
昔は「同じシャウトが三回聞こえたら声をかける」というルールを決めていたのです。今はやってませんが。





それはボッタクリなのですか・・・
posted by ハイスロットル at 21:04| Comment(7) | TrackBack(0) | 大航海時代Online | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

パタニデビュー

前半がいいペースだったのに後半失速した一月の記事。
色々バタバタしていて記事を書きたくても文章が浮かんでこなかったり。
これが作家なら「スランプ」とか言うところなんでしょうけどねー。

木曜日に配布されたフリーペーパー「R25」。
その中に「ブロガーとライターの違い」という記事がありました。
ハテ、どんな違いがあるのかと興味深く見てみたのだけど、ブログも書くライターはあまり差を感じないほどのものらしい。
でも結論っぽいところに「ライターは要求されたことを記事にする。ブロガーは自分の感じたことを記事にする。」と書いてあった。ナルホド。
つまり、「〜というテーマで原稿用紙3枚に作文しなサイ」というのがライターの仕事で「自由に書きなサイ」というのがブロガーってところか?
まぁ自由なdolの世界でやることを見失うのと、ブログの記事が書けなくなるのも似たように思えなくもない。





初めての東南アジア
posted by ハイスロットル at 08:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 大航海時代Online | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。